ブログ

【用語解説】MAT

MAT(Minimum Alternate Tax)。最低代替税の英語表記。

一定の調整を加えた会計上の利益に15%を乗じた金額が、法人税を上回る場合、法人税に代えてMATを支払わなければならない。MATがその期の通常の法人税額を超える場合は、その超える部分の金額は翌年以降の法人税額より控除する事が可能である。インド特有の税金制度で多くの人が混乱するポイントだが、新しいアップデートで発表された法人税率では一部このMATが免除になっているものもある。

 

  • follow us in feedly

関連記事

  1. インド 会計用語 【用語解説】最低代替税(MAT)
  2. インド 会計用語 【用語解説】課税対象所得
  3. インド 会計用語 【用語解説】法人の所得
  4. インド 会計用語 【用語解説】基本税率
  5. インド 会計用語 【用語解説】追加課徴金
  6. インド 会計用語 【用語解説】健康教育目的税
PAGE TOP